たまりば

  日記/一般 日記/一般  その他 その他

2019年08月22日

加賀電子 塚本勲氏

~人生の大先輩の賢者より~

加賀電子の創業者、塚本勲氏のインタビュー映像が、kenja.tvで紹介されていました。

塚本氏は、加賀電子の創業者です。加賀電子といっても一般の人にはあまり馴染みがないかも知れませんが、電子部品の専門商社として国際的に活動しており、東証一部に上場している大企業になります。

塚本氏は24歳の若さで加賀電子を創業。70代後半となった現在も、会長としてバリバリ現役で活躍してらっしゃるとのことです。

kenjaの動画で自らの生い立ちを語ってらっしゃいますが、たいへん興味深いです。石川県出身で、父親は国鉄の線路工夫。戦時中に5人兄弟の三男として生まれました。

金沢市立金沢工業高校の在学中に都会での生活に憧れるようになり、高校を中退して上京。可変抵抗器メーカーで工場の作業員として勤務します。

そこで営業の仕事に魅力を感じ、営業部門に配属してもらうと、すぐに社内でダントツ1位の成績を出すようになったそうです。まさに営業が天職だったのですね。

その後、知人が創業した電機卸会社で営業マンとして働いた後、1968年に独立します。東京・秋葉原で電子部品の問屋を創業。これが加賀電子の始まりです。元手となる資金20万円は、実家の両親がかき集めて何とか工面してくれたとのこと。

最初は、電機メーカーに片っ端からご用聞きに出向き、必要な部品を仕入れてお届けするという仕事をひたすら続けたそうです。まさにブローカーのような存在ですね。

お金も信用もない状況ながら、塚本氏らの人柄と人脈を武器に顧客を増やし、会社は順調に成長。大きな危機もなく、売上高も利益も伸びていったといいます。

24歳で会社を起こした叩き上げともなれば、あくの強いワンマン経営者を想像しがちですが、インタビュー動画での語り口はとても穏やかで、親しみやすさが溢れています。

組織運営の基本方針は「義理、人情、浪花節」。新しいことに挑戦したい社員がいれば、どんどんチャンスを与えるといいます。社員が考えたビジネスをグループ会社として独立させる場合も多いそうです。

専門商社という軸足は変わっていないものの、EMS(電子機器の受託製造サービス)などの形で自ら製造も一部手掛けています。「お客様のお役に立つことは率先してやる」という塚本氏の営業マン魂が、今も事業拡大の原動力になっているのではないでしょうか。

  


  • Posted by kenja at 21:32加賀電子

    2019年05月11日

    島精機製作所 島正博氏

    ~人生の大先輩の賢者より~

    島精機製作所 島正博氏へのインタビューです。

    島氏は、東証一部に上場している島精機製作所の創業者で、現在は会長です。島精機といえば、日本を代表するアパレル製造機のメーカーとして有名ですね。「コンピューター横編(よこあみ)機」の分野で市場シェアがなんと世界1位。ユニクロなどの国内衣料品メーカーはもとより、欧米など世界の一流ブランドの洋服づくりを支えています。

    島氏は1937年生まれで、まさに人生の大先輩ですが、動画を見ると、とても若々しくてエネルギッシュです。インタビューでは「次の時代に開発する人を作っていかなければ!」と、後継者育成の意欲を語ってらっしゃいます。

    島氏は起業家や経営者というだけでなく、一流の発明家として知られています。定時制高校に通っていた16歳のときに「二重環かがりミシン」を開発。さらに18歳で画期的な「ゴム入りの軍手」を生み出しました。これまでの特許の出願特許数は1100件を超え、あのトーマス・エジソンを上回るのだとか。

    それでも、動画からは偉ぶっているような様子は微塵も見られません。親しみやすく、人情味ある人柄が伝わってきます。「Ever Onward(限りなき前進)」がモットーだそうで、世の中がより便利になるように、ひたすら革新的なものづくりに邁進しているそうです。

    若い世代へのメッセージとして「何でもコンピューターがやってくれる時代だが、人間にとって一番大切なのは創造力。自分の手で創造していくことで、脳も活性化していく」と強調されていました。人間は何歳になっても成長を続けられる。ものすごい自信と勇気をもらいました。




      


  • Posted by kenja at 12:41島精機製作所

    2015年09月17日

    株式会社アクティブアンドカンパニー 大野順也氏

    ~同世代の賢者より~

    株式会社アクティブアンドカンパニー 大野順也氏へのインタビューです。

    大野氏は、人材派遣サービスの会社に入社し、その社長から起業の道を教えてもらい、その後外資系コンサルで研鑽を積んで起業された方です。

    起業当時は、社長自らの力で売上や利益を出すことが必要ですが、個人で頑張れる範囲には限界があります。氏は、会社の成長のためには、社員に如何にして成果を出してもらえるようにするか、そしてそのためには私のこだわりを捨てることが重要だと話されています。

    このように考え始めると、ひとへの感謝の気持ちも強くなり、会社全体として安定した良いサービスを提供することを考えられるようになりますよね。コンサルティングファームは、能力にばらつきのある個人の集まりという感がありますが、この会社ではチーム力でお客様に向き合っている様子が感じ取れました。

    インタビューにはきはきと回答されている大野氏の話は分かりやすく、会社経営やコンサルティングの考え方がとても参考になりました。


      


  • 2014年08月03日

    大和ハウス工業株式会社 樋口武男氏

    ~人生の大先輩の賢者より~

    大和ハウス工業株式会社 樋口武男氏へのインタビューです。

    樋口武男氏は現在、同社代表取締役会長ですが、創業者の石橋信夫氏からの薫陶を受けて、2001年に同社社長になってご活躍されたことで有名な方です。

    氏の話を聞くと、目上の人への感謝や敬意の気持ちがとても感じられます。特に創業者への敬意がぶれていないのがすごいと思います。大会社で会社業績が悪いときに社長になるひとって、だいたい前社長やそれまでの会社の状態に敬意を表することが少ないですよね。インタビューによると、氏は一度創業者から良くない待遇を受けていますが、創業者と深い信頼関係が継続しています。経営状況が悪い状況で、「基盤は創業者が作ってくれたのだから、自分は会社を伸ばして当たり前」という考え方は、創業者の息子ではない、凡人のサラリーマン社長ではなかなか言えないように思います。

    また氏は若い頃、最初に就職した会社がぬるくてこんなことで良いのかと思い、当時不夜城と言われていたという大和ハウスに転職したそうです。今のご時世の若者ではなかなか無いですね。大成するひとは、若いうちから努力して、高い志をもっています。

    「運の強さというは、凡事徹底できるひとにある.努力をして自己研鑽に努めなさい.」という氏の最後の言葉は身に染みました。毎日、楽をできないかということばかり考えずに、日々成長して、それを人生のチャンスに変えないといけませんね。


      


  • Posted by kenja at 10:35大和ハウス工業

    2014年02月11日

    プライムエージェント株式会社 小林傑氏

    ~同世代の賢者より~

    プライムエージェント株式会社 小林傑氏へのインタビューです。

    目先の数字を追うのではなく、お客様の喜びのために努力するという氏の考え方は、一見当たり前のようで営業マンにはなかなかできないこと。リーマンショック後の不景気の時期だからこそ、この営業の本質を理解した氏の会社が大きく成長できたのだと思います。小さい頃に生死をさまよったことを知らされてから、感謝の気持ちをもって謙虚に仕事に向き合えるようになったという話を聞いて、自分もこのような気持ちを常にもつようにしなければと感じさせられました。謙虚になることで全体を見据えることも出来ると思います。井の中の蛙にならないようにしないと。。。

      


  • 2012年10月28日

    株式会社フジキン 武永健治郎氏

    ~同世代の賢者より~

    株式会社フジキン 武永健治郎氏へのインタビューです。

    先代から会社を継承した氏が語る「社員あっての会社。社員あっての社長。」という話は印象的でした。社長になったタイミングが悪すぎるという話をされていましたが、そういうマイナスからの出発が「社員あっての会社。社員あっての社長。」という考え方をもてるようになったのかもしれませんね。素敵なメッセージをありがとうございました。


      
    タグ :フジキン


  • Posted by kenja at 00:02フジキン

    2012年10月27日

    株式会社構造化知識研究所 田村泰彦氏

    ~同世代の賢者より~

    株式会社構造化知識研究所 田村泰彦氏へのインタビューです。

    目的意識をもって一生懸命取組み、小賢しくならないことが大切だと話されています。分かったつもりというのは成長を止めますよね。

    東京大学の博士課程で研究していたころの厳しい経験が現在の起業に活きているという話が印象的でした。民間企業の方に仕事をいろいろ教わりながら、品質管理が面白くなり、自分の研究内容が少しでも現場の役に立たないかと腐心されたとのこと。厳しくても研鑽を積むことで自信がつき、大胆な行動も取れるようになるのかもしれません。

    構造化知識研究所という名前はご自身の研究に関係するテーマからきているようです。組織の中に知識や情報がいくらたくさんあっても、それらが有効に使える状態になっていなければ意味がありません。一人一人の知識、一つ一つの集団の情報を構造的に結びつけることで、問題解決力が飛躍的に高まるという理論があるそうです。

    田村氏のように大学を辞めて会社を設立するというのは珍しいように思います。氏は、昨今の高学歴ワーキングプアをどのように考えていらっしゃるのでしょうね。すぐに答えを見つけようとせず、目的を達成するために粘り強く取組むことの大切さを再認識しました。構造化知識研究所のような会社が大学からどんどん出てくるといいですね。



      


  • Posted by kenja at 21:38構造化知識研究所

    2012年10月26日

    スペクトロニクス株式会社 岡田穣治氏

    ~同世代の賢者より~

    スペクトロニクス株式会社 岡田穣治氏へのインタビューです。

    エンジニアという立場だけでなく起業家としての覚悟をもって社会を豊かにする技術を発展させていく考え方は、いま大企業になっているメーカの創始者と同じではないかと感じられました。若者は恐れず勇気を持ってどんどん前に出ていってほしいという氏のコメントは、ご自身の若い頃の経験に立脚していて深みがあります。

    大学院卒業後に、売上ではなく利益率のいい会社に入ることが大切だと考えられるひとはなかなかいないですよね。光の工具屋として、これから日本のものづくりをどんどん支援していきたいという氏のビジョンにとても共感できました。


      


  • Posted by kenja at 00:17スペクトロニクス

    2012年10月25日

    株式会社独立総合研究所 青山繁晴氏

    ~人生の大先輩の賢者より~

    株式会社独立総合研究所 青山繁晴氏へのインタビューです。

    最初から話に引き込まれるメッセージ満載です。共同通信にご在籍のころのエピソードが非常に印象的でした。何かを主張して発信する時は、批判に対する覚悟と責任を持たなければならないという点は肝に銘じておきたい点ですね。ついつい良かれとおもって何かを世の中に発信しても、それには影の部分もあるということを認識しておきたいと思います。賢者tvのプロフィールを見ると、氏は共同通信を辞めてから11年半、まだ1日も休んでいないそうです。すごい方だ。。。素敵なメッセージをありがとうございました。

      


  • Posted by kenja at 00:02独立総合研究所 

    2012年10月24日

    クオンタムリープ株式会社 出井伸之氏

    ~人生の大先輩の賢者より~

    クオンタムリープ株式会社 出井伸之氏へのインタビューです。

    ソニー時代、人と違った視点から見て意見や提案をする点と、上層部の方にも平気で意見を述べる点が評価されたそうです。ご自身が社長になるつもりは全くなかったそうですが、大企業の場合、そういう方が社長になったほうがいいのかしれません。

    起業するひと向けのメッセージとしては、「若者、特に男子はもっと頑張れ!」 
    男子としては非常に耳が痛いですねー。ウジウジ細かいことを気にせずに前を向いてバリバリ頑張らねば。。。

      


  • Posted by kenja at 00:03クオンタムリープ

    2012年10月23日

    株式会社ドリームインキュベータ 堀紘一氏

    ~人生の大先輩の賢者より~

    株式会社ドリームインキュベータ 堀紘一氏へのインタビューです。

    時間かかってもよいから本物を作って欲しいという熱いお話でした。素直さと謙虚さをもつことが大切だということを言っておられます。何でも自分は知っているとか分かっているという態度を取らないこと。氏の「私が63歳でも分からない事だらけなのに、30歳40歳の人にそんな色んな事が分かる訳がない。」という言葉には重みがあります。

    謙虚に素直に仕事に取り組む姿勢を忘れないようにしたいですね。